きのこを食べて、歯を強くしよう! 船橋 歯科医院 船橋デンタルクリニック

投稿日:2016年9月26日

カテゴリ:未分類

こんにちは!

海星会スタッフWです!

 

各地で記録的な暑さを記録した
2016年の猛暑も、ようやく収まりつつあり、
秋の空気を感じられるようになってきましたね。

秋と言えば、色々な「○○の秋」がありますが、

個人的には、「食欲の秋」ですね!

秋刀魚、牡蠣、柿、松茸等、お酒が好きな私としては、
たまらない季節になってまいりました。
(松茸は手の届かない存在ですが・・)

 

しかも、秋が旬の食べ物は、歯にも良いのです。

とくに、きのこ類と青魚(サンマ、イワシ等)は、
骨や歯を丈夫にする
ビタミンDが豊富に含まれています。

中でも素晴らしいのが、
乾燥きくらげで、約1g食べれば一日の目安量をクリアするようです。

また、乾し椎茸もお勧めです。
人間は日光の紫外線に当たることによって、体内でビタミンDを合成することができます。
椎茸も紫外線に当たるとビタミンDが増えるのです。
天日干しですから、乾し椎茸はビタミンDを多く含んでおり、生椎茸の約9倍のビタミンDを含有しています。

それ以外にも柿は、口臭予防にもなりますし、
生牡蠣100グラム中には、1日に必要なたんぱく質量の3分の2、カルシウムは3分の1、
リンが全量、鉄分、ヨードはなんと4倍含まれるそうです。

食べ過ぎはよくありませんが、
厳しい夏を乗り切ったあとの、
秋の味覚を堪能し、
歯を強くしましょう!

 

船橋デンタルクリニックでは、スタッフ一同
最高の笑顔でお待ちしております。

 

船橋デンタルクリニック
047-426-4874

Pocket