ビタミンCで歯周病予防 船橋 歯医者 船橋デンタルクリニック

投稿日:2016年8月10日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

海星会スタッフWです!

日々、猛暑が続いている今夏ですが、
皆様、体調は大丈夫ですか?

私は、ここまで暑いと例年以上に色々な栄養素が
不足してきて、体調を崩しそうです。

すでに、昨晩から下唇が腫れてきていて・・・ビタミン不足
なのか、暑さからのストレスなのか・・・
どちらにしても静養が必要ですね。
ビタミンが不足すると口内炎、口唇炎を引き起こしやすくなると言われています。

特に、ビタミンA・B2・B6・ナイアシンの不足が影響すると考えられています。

また、睡眠不足やストレスが原因になることもあります。
ビタミン不足になると、歯にも影響がおよびます。

特に、ビタミンCは歯周病予防に高い効果を発揮してくれるのです。

歯周病にかかった歯ぐきはコラーゲン繊維が破壊された状態です。
ビタミンCには「コラーゲン合成促進効果」があり、
壊れたコラーゲン繊維の再生を促し、歯ぐきを健康に保ってくれるのです。
そのビタミンCが不足していると歯茎の細胞を構成している
「コラーゲン線維」が破壊され、歯茎から出血する事態に陥ります。

また、歯の象牙質がダメージを受けてボロボロになってしまいます。

ビタミンCは「歯と歯ぐきと歯槽骨を結びつける役割」も果たしていますが、
抗酸化作用により活性酸素を分解して免疫力を高め、
歯肉炎・口内炎・歯周病の予防が期待できるのです。

芸能人の多い世田谷 歯科ではこういった多くの内面治療を行っているそうです。

しかし、一時的に大量に摂取するのではなく、

ビタミンを日常的に摂取し、病気に強い身体を作りましょう。

以下に、食べ物、飲み物にてビタミンCが多く含まれている物をご紹介します。
<ビタミンCの含有量が多い食べ物>
第1位・赤ピーマン、黄ピーマン
第2位・柿
第3位・にがうり(ゴーヤ)

<ビタミンCの含有量が多い飲み物>
第1位・グレープフルーツジュース
第2位・温州みかんジュース
※ここに載せているのは全て「ストレートで飲んだ場合」です。
果糖してあったりするのはまた別になります。
疲れがたまっているなと感じている場合には、
早めに帰宅して、ビタミンCを含めた栄養素を取り、
しっかり睡眠をとり、ストレスを発散するためにも
気分転換を取り入れていくようにしましょう。

 

歯の事で、ご検討されている方、またお悩みの方、
是非、船橋デンタルクリニックにご相談下さい。

 

船橋デンタルクリニックでは、スタッフ一同
最高の笑顔でお待ちしております。

 

船橋デンタルクリニック
047-426-4874

Pocket