歯が抜けたまま放置していると歯周病、虫歯の原因になる。 船橋 歯医者 船橋デンタルクリニック

投稿日:2016年6月27日

カテゴリ:未分類

こんにちは!

海星会スタッフWです!

今日は、抜けた歯をそのままにしていると怖い!という
お話をしたいと思います。
前歯の場合は、抜けたら一日でも早く新しい歯または、差し歯等の
処置をしたいと考えると思いますが、人目につきにくい部分の奥歯は、
抜けてからしばらく放置しているという方いらっしゃいませんか?

抜けたままにしていると咬み合せが悪くなり、最悪の場合、
顎が外れやすくなったりしますよ!

奥歯の下の歯が1本抜けた場合、まずこれまでその歯と噛み合っていた
上の歯が下に伸びてきます。
また、両隣の歯が抜けた歯の方向に倒れてきて、
さらにはそこにプラークがたまりやすくなってしまいます。

結果として、虫歯や歯周病などが誘発されることがあります。

歯はかなり緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、
例え1本の欠損の場合でも、そのままにしておくことはお勧めできません。

1本1本の歯根の周りの歯根膜には、噛むことで脳につながる
受容体(センサー)があります。
その情報がなくなっていきますから、だんだん認知症になりやすくなるとも
いわれています。

歯の事で、ご検討されている方、またお悩みの方、
是非、船橋デンタルクリニックにご相談下さい。

 

船橋デンタルクリニックでは、スタッフ一同
最高の笑顔でお待ちしております。

船橋デンタルクリニック
047-426-4874

Pocket