歯の昔話

投稿日:2014年7月1日

カテゴリ:スタッフブログ 未分類

こんにちは海星会スタッフです.

今日はちょっと昔の話を・・・

 

 

むか~しまだ歯医者がない時代に虫歯になるとどうしていたかご存知ですか?

 

江戸時代、歯が痛くなると口中医という現代の歯科医院のようなところで、主に抜歯を行っていました。ただ治療費が高く、一般庶民は通うことができなかったようです.

 

そこで、一般庶民は加持祈祷を行いました。
長野県にある戸隠神社というところでは、3年間「梨」を絶って参拝すると治るという言い伝えがあったそうです。

 

江戸の庶民は長野まで行けないので、梨の実に自分の名前と痛む歯の場所を、書いてから神社のある戸隠山の方角を向いてお祈りし、 その後、梨の実を川へ流したと言われています。

 

では、なぜ梨の実を絶ったのでしょうか?

 

昔は、梨の実に含まれている酸で歯が溶けると思われていたようです。

 

現在では、梨の実に含まれているソルビトールはキシリトールと同じ糖アルコールの仲間で、むし歯菌の増殖を抑える働きがあると言われています。

 

余談ですが、梨のことを昔は亜梨(あり)の実と言いました。「なし」という言葉を忌み嫌ったためです。

 

その他にも、「スル」という言葉も嫌って、「スルメ」を「アタリメ」、「すり鉢」を「当たり鉢」と言い換えていました。

 

 

日本人はつくづく縁起をかつぐ民族なんですね。

Pocket

■ 最近の記事を読む■