治療した歯がどうしてしみるの?

投稿日:2015年3月11日

カテゴリ:スタッフブログ

 

 

神経がある歯を削ると、必ず削った分だけ神経に近くなります。
その為治療後は、軽い痛みが出る、冷たいものにしみるといった症状が出ることがあります。
しかし、この様な症状は次第に消える場合がほとんどです。なぜなら、治療後は身体の防御反応がおき、神経の周りに神経を保護する層(第二象牙質といいます)ができるからです。
しみなくなるまでの期間は、1~2週間でおさまる方から半年から1年くらいかかる方まで様々です。

 

日に日にひどくなるのでなければ、特に熱いものや冷たいものは出来るだけ避けて、あまり神経質にならず気長におさまるのを待ってみてください。

 

症状が日に日に大きくなる、またはいつまでたっても症状がおさまらない場合は、やむを得ず神経を取らなければならない場合もあるので、症状に応じて主治医に相談してください。

Pocket