知覚過敏とむし歯の見極め…

投稿日:2014年2月17日

カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは~海星会スタッフです。

 

 

知覚過敏とむし歯の見極め…についてお伝えします。

 

 

見極めは歯科医院で診てもらわなければできません。知覚過敏も虫歯も、冷たいものにしみることは多いです。

 

自分で『知覚過敏だ!』と決めてしまうと、あとあと恐ろしいことになることがあります。知覚過敏は原因が、大雑把に言うと2種類あります。

 

一つは細菌感染している場合。もう一つは噛みあわせの過剰な力がかかっている場合です。

 

虫歯も知覚過敏も、放置すると良いことはありません。神経への刺激があまり長く続くと、歯の中で神経が死んでしまうことがあります。こうなると、痛みが強くなったり、歯の色が変わってしまったりしてしまい、神経を取らなくては

なりません。

 

噛みあわせが原因の場合は、歯がぐらぐらすることがあります。
適切な処置や対策を行うことで、症状を止める、あるいは和らげることができますので、悪くなる前に受診をおすすめします

 

Pocket

■ 最近の記事を読む■