花粉症とお口のトラブル

投稿日:2014年2月24日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは海星会スタッフです。

 

 

最近は寒さも一段落し、段々と春に近づいてきましたね。

 

しかし、春になると頭を悩ませるのが、花粉症です

 

そこで今回は花粉症とお口のトラブルの話です。

 

 

 

「花粉症と歯って関係あるの?」と思われる方が多いかもしれませんが、花粉症の主な症状、鼻水・鼻づまりは、お口にとって大敵なのです!

 

鼻が詰まると鼻呼吸ができなくなり、口で呼吸をすることが多くなると、口の中が乾燥しやすくなります。

 

また、花粉症のお薬には唾液の分泌を抑えてしまうものが多くあるため、これも乾燥の原因になります。

 

そして、お口の中が乾燥すると、細菌が繁殖しやすくなり、歯の周りに「歯垢(プラーク)」が付きやすくなってしまいます。

 

それがやがて「歯石」となり、これを放ったままにしていると、

 

歯ぐきが腫れたり、痛んだり、硬いものが食べにくくなったりといった症状が表れる「歯周病」になってしまうのです!

 

 

 

歯周病」 は、放っておくと命をも脅かす恐ろしい病気になることもあるので、「口の乾燥くらい…」と軽く考えず、ちゃんと診療を受けましょう

 

Pocket

■ 最近の記事を読む■