妊娠中は虫歯にかかりやすい?|JR船橋駅3分、京成船橋駅1分の歯医者・歯科|船橋デンタルクリニック

日曜日・祝日診療

22時まで夜間診療

キッズコーナー

診療時間

※最終受付は30分前までとなります

求人募集

お問い合わせ・ご相談

無料駐車場船橋フェイスビル内の駐車場無料

047-426-4874

千葉県船橋市本町1-32-15アロー京成船橋駅前ビル3F

妊娠中は虫歯にかかりやすい?

投稿日:2014年5月16日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは(^_^) 海星会スタッフです。   「妊娠中は虫歯にかかりやすい」   こんな話を聞いたことはありませんか?   これは、一見ありそうに思える話ですが、全くの俗説にすぎません。 一度作られたカルシウムや、その他の成分が、母親の歯から溶け出ていくことはありません。   つわりの影響で歯磨きがおろそかになったり、嗜好が変化することでむし歯が急に悪化することはあるようです。   また、妊娠中はホルモンバランスの変化などにより、“妊娠性歯肉炎”という歯茎の炎症や、“妊娠性エプーリス”という歯茎のできものができることがあります。   ただ、赤ちゃんの骨はもちろん、歯の芽とも言うべきものが作られる時期なので、食べたカルシウムは、胎盤経由で赤ちゃんに届けられます。   いずれにせよ、むし歯を赤ちゃんのせいにするのは、赤ちゃんに気の毒な話ですね。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る