審美歯科(つめ物・被せもの)

セラミックの詰め物・被せ物

むし歯を削った部分に詰めるものの種類はたくさんありますが、保険の治療だと銀歯が一番多く使われます。しかし、歯は白いのに銀のものが入っていると、見た目も違和感がありますし、金属アレルギーの方にとってはアレルギー反応が起こったりと良いことがありません。

そういった理由から当院では、希望の患者さんには、自費治療になりますが、銀の詰め物ではなく、セラミックの詰め物を入れる治療もおすすめしています。

セラミックの詰め物・被せ物

セラミックを貼る方法(ラミネートベニア)

ラミネートベニアとは、セラミックの歯をつくり、それをつけ爪のように歯に接着する方法のことをいいます。下記の写真のように、主に前歯に使用します。審美性が高く、被せ物より歯の削合量も少ないため、自分の歯を多く残すことができます。しかし、適応範囲が決まっており医師との相談が必要になってきます。

セラミックを貼る方法(ラミネートベニア)

被せ物とラミネートベニアの複合の治療例

この患者さんは、前歯の色と形を気にして来院されました。ホワイトニングを行った後、既に被せ物がしてあった2本と神経がなく虫歯が大きかった歯をセラミックの被せ物にして、詰め物がしてあり形体改善が必要な歯をラミネートベニアにしました。

セラミックを貼る方法(ラミネートベニア)

Pocket