むし歯の治療

痛くないむし歯治療

むし歯の治療当院では「できるだけ痛くない治療」を心がけております。

例えばご希望の患者さまには、塗る麻酔を使用したり、極細の麻酔針を使用して、麻酔を行なってから治療しております。

しかし、治療で痛い思いをしないために最も効果的なのは、「出来るだけ早く治療をする」ことです。虫歯が進行して深くなればなるほど、歯の神経に近くなるので治療で痛い思いをする可能性が高くなりますので、できるだけ早く治療を受けてくださいね。

むし歯の種類

虫歯の進行図

C1の虫歯C-1(シーワン:歯の表面のむし歯)
歯の表面のエナメル質が溶けている状態で、黒い着色や白い斑点がありますが、自分で見つけるのは難しいレベルです。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白く濁っていたり、舌で触るとザラザラしたりします。

C2の虫歯C-2(シーツー:歯の中(象牙質)のむし歯)
象牙質というところま進行したむし歯で、この段階になると、普段は無痛ですが、冷たいものや甘いものだけが歯にしみたり、噛むと痛みを感じるといった自覚症状が出てきます。痛みを伴う場合は麻酔を打ってから治療することがあります。

C3の虫歯C-3(シースリー:歯の神経のむし歯)
歯の奥の神経(歯髄:しずい)近くまで進んでしまった状態のむし歯のことです。普段は痛くないですが、冷たいものよりも熱いものがしみるようになります。ズキズキとした痛みを感じてきます。神経を取る治療(根幹治療:こんかんちりょう)が必要になる場合があります。

C4の虫歯C-4(シーフォー:歯の根っこ部分だけになったむし歯
歯の頭部がなくなり、歯の根っこの部分(歯根:しこん)だけが残った状態で、こうなるともはや、神経(歯髄:しずい)が死んでしまっているので、無痛で痛みを感じることはあまりありません。最悪、歯を抜くことになってしまいます。この状態には絶対にならないようにしたいですね。

自費と保険治療の違い

歯科材料や、歯科医師の技術、よりよい治療を提供するための研究は日々行われ、進歩しております。私たち歯科医師は常にそれらを学び、取り入れたりトレーニングを行う必要があります。

そして、その新技術のほとんどは保険適応外にて提供されるものであることが現状です。『保険内の治療』という決められた狭い枠の中だけで、患者さんに対して最良な治療がご提供できるかというと、難しい場合もあります。新しく研究開発された治療法や材料などは本来、既存のそれらにおける問題点などを解消するとともに、質の高い治療へと向上していくためにあります。

保険治療=良心的な先生   保険外治療=利益追求

上記のようなニュアンスのお言葉を患者さんからお聞きすることがございますが、必ずしも、その限りではありません。患者さんお一人お一人の体質や、ライフスタイルによっては、保険外治療が適している場合もございます。

当院では、患者さんに対して最良と考えられる治療法、材料の選択肢を保険、自費問わず、ご説明させていただくようにしております。インプラント治療、セラミックの素材など保険外治療によりいい結果が得られていることもご理解頂き、単に『利益追求』と先入観を持たず聞いて知って頂きたいと思います。

ただ、もちろんその中で最終的な選択を選ぶのは患者さん自身です。その選択がもっとも良い選択となるよう、患者さんの考えや要望をお聞きし、二人三脚で一緒に考えます。

Pocket