小児歯科(マタニティ歯科)

痛くない治療

小児歯科当院ではできるだけ痛くない治療を心がけています。

お子さんは特に痛みに敏感ですよね。ただでさえ治療中、キーンという耳を突く怖い音がなっているのに、さらに痛いことをしに歯医者さんにいくなんて、とっても嫌だと思います。

キーンという音を消すことはできませんが、楽しく歯科医院に通ってもらえるようにできるだけ痛くない治療を心がけております。

歯医者さん嫌いにならないために

小児歯科お子さんが歯医者さん嫌いにならないように、お母さんも私達に協力してください。

日頃から、お子さんを叱るときに「お医者さんへ連れて行って痛い注射をしてもらうよ」など、『病院は怖いところ』というイメージを付けないよう、普段から気をつけてください。

また、泣いて治療があまりできなかったとしても、治療が終わったら、「すごいね!よくがんばったね!と」たくさん褒めてあげてくださいね。子どもは治療をがんばったことを褒められることで、治療に対する恐怖心や嫌悪感を抱かなくなります。

最後に、歯医者さん嫌いにならない一番の方法は、「むし歯を作らない」ということです。むし歯がなければ痛い思いをすることはありません。むし歯になる前に、予防と日常のケア、そして3ヶ月に1度の定期検診を受けてください。「歯医者さんは歯を治しにいくところ」ではなく、【歯医者さんは、歯のチェックをするところ】こう思ってもらえると最高です。

妊婦さんの歯科治療

妊婦さんの歯科治療妊娠中のお母さんへ。

これから生れてくる大切ないのち・・・ 妊娠中はなるべく身体に負担をかけたくないですよね。しかし妊娠中であっても、どうしても治療が避けられない状況もあります。

そこで一番気になるのはレントゲンや麻酔による胎児への影響ではないでしょうか?でも、ご安心ください。現在、歯科治療に使用されるレントゲンや麻酔薬などで、お子様に重篤な影響が出たという報告はございません。

しかしそういったものだけでなく、治療に際してのストレスや痛みなどもホルモンバランスの変化を引き起こし、特に不安定な妊娠初期には軽視できないことも事実です。

よって、当院では、妊娠初期や後期は少しのストレスでも体調に大きく響く場合があるため、応急処置程度にとどめ、体調が落ち着いている安定期(一般的に妊娠3ヶ月~7ヶ月)には、必要な治療は行っても差し支えないと考えており、また、安定期には、積極的に歯科検診と歯のクリーニングを受けて、口腔内を清潔に保つようにご案内しております。処置の内容や、実際の妊婦さんの体調は千差万別ですので、分からないことがあればいつでも私たちに相談してください。

Pocket