歯科衛生士による予防歯科専門の日|JR船橋駅3分、京成船橋駅1分の歯医者・歯科|船橋デンタルクリニック

新型コロナウィルスについてのお知らせと患者様へのお願い

訪問歯科診療の感染対策について

新卒の歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

中途の歯科医師・歯科衛生士・歯科助手 求人・募集案内

日曜日・祝日診療

22時まで夜間診療

キッズコーナー

診療時間

※金曜:9:15~20:45 ※最終受付は30分前

無料駐車場船橋フェイスビル内の駐車場無料

047-426-4874

千葉県船橋市本町1-31-5 レオセントラルスクエアⅡ2階

歯科衛生士による予防歯科専門の日

11月から毎週金曜日は歯科衛生士による予防歯科専門の日

予防歯科

船橋デンタルクリニックでは、患者さまの大切な歯をいつまでも健康な状態で維持していただけるよう、予防強化デーとして、毎週金曜を歯科衛生士による予防歯科を専門に実施する日とします。

【予防歯科専門の日の診療時間】
9時15分〜20時45分

予防歯科とは?

予防歯科虫歯を繰り返したり、歯周病の進行によって歯を失うリスクは高くなります。

そのようなことを防ぐため、日頃から虫歯や歯周病予防に取り組み、歯やお口の健康を維持するための取り組みが「予防歯科」です。

予防歯科の目的

予防歯科痛くなってから歯科医院に行き治療する。この繰り返しでは虫歯や歯周病により歯を失うリスクが高くなります。

虫歯や歯周病を予防するためには原因となる歯垢(プラーク)、歯石の除去、食生活の改善などを行うことが重要となります。

予防歯科医療では患者さまによるセルフケアの向上と定期的な歯科衛生士によるプロフェッショナルケア(PMTC)の両立によりトラブルが起きにくい口腔内環境を目指します。

歯科先進国と日本の予防歯科に対する意識の違い・・・

歯科先進国と呼ばれる北欧の国々や米国では、子供から大人まで多くの国民が歯やお口の健康に関して高い意識を持っています。医療費が高額などという国それぞれの背景はありますが、日頃からセルフケアを徹底し、定期検診やクリーニングについても幼少期から習慣になっています。

歯科先進国と日本の予防歯科に対する意識の違い

上の図は、歯科先進国として有名な国々と日本の「80歳の平均残存歯数」・「定期検診・メインテナンス受診率」を比較したものです。

特にスウェーデンについては、国家のプロジェクトとして1970年代より予防歯科に力を入れていることもあり、大人の定期検診・メインテナンス受診率が90%となっています。(※子供は100%:スウェーデンでは子供の歯科検診は義務となっています。)また、上記の図を見ていただければ分かる通り、定期検診・メインテナンス受診率と80歳の平均残存歯数が比例しています。

日々の予防が将来の残存歯数にいかに影響するかが一目瞭然だと思います。人生100年と呼ばれる時代、いつまでもご自身の歯で楽しく食事や会話を楽しめるよう、できるだけ若いうちから予防歯科に取り組むことをおすすめします。

予防歯科の治療内容

予防歯科の治療内容

予防歯科の治療内容については下記の通りです。

(※今後は唾液検査などを検討中)

歯科衛生士と二人三脚で予防に取り組みましょう

定期検診の大切さや、歯磨き指導、口腔メインテナンス器具のアドバイスなど、プロから知識を学ぶことにより、患者さまの歯を失うリスクを減らすのみならず一生涯で歯科治療にかける費用が断然違うというメリットがあります。

歯科は痛くなる前に行く所。新しい常識のために私たちがサポートします。

トップへ戻る