歯ぎしりに注意 船橋 歯科

投稿日:2015年7月13日

カテゴリ:未分類

こんにちは。

海星会スタッフです。
今回は「歯ぎしり」のお話です。
歯ぎしりが起こる主な要因として…
ストレス、噛み合わせの悪さ、喫煙、飲酒があり
また、歯ぎしりをする事で、身体に、様々な悪影響を及ぼす事があります。

<歯ぎしりによる悪影響>
1.歯の咬み合わせの面が削れる。
2.歯がグラグラする。
3.歯や歯ぐきに違和感や軽い痛みを感じる。
4.顎関節症になりやすい。
5.肩こりや頭痛をおこしやすい。

加えて歯ぎしりをすることで、睡眠ができずに不眠となる場合もあります。

歯ぎしりは基本的に睡眠中に起こるため、

自分では自覚症状がない方が多いと思います。

しかし、歯ぎしりをしている場合は早期の治療が必要となります。

歯ぎしりの治療は基本的には歯科で診てもらうことになりますが、

その際は、歯に詰めている詰め物が合っていなければ調整をさせていただいたり、
歯並びが悪い場合は矯正治療を行う必要がある場合もあります。

Pocket