歯の神様

投稿日:2014年9月26日

カテゴリ:スタッフブログ

みなさん、こんにちは!

海星会スタッフです(^O^)

 

今日は「歯の神様」についてお話しようと思います。

世の中にはいろいろな神様が存在しますが、みなさんどの位ご存知ですか?

天照大神、八幡神、八咫烏、犬神、貧乏神、トイレの神様???

調べてみると数え切れない位の神様がいるんですね!

 

その中で「歯の神様」とは今の様に街のあちこちに歯医者さんがあり、

歯が痛くなったらすぐに治療が出来る環境になかった昔に信仰されていた神様です。

 

「歯の神様」信仰が始まったのは江戸時代の中期から後期と言われています。

その時代、権力者達は歯が痛くなった時に口中医と言うお抱えの療術者がいましたが

庶民には全く無縁の存在でした。

庶民は歯痛などの悩みにどのように対処したのでしょうか。

苦しい時の「神頼み」「まじない」などが唯一の手段であり、

これに頼らざるを得なかったのです。

歯の痛みを癒す目的で建てられた神社・仏閣・石像などは全国で300箇所も

あると言われております。

船橋の近くでは市川市の清水邸に白山大明神があります。

今でも歯の悩みの解消や、歯の痛みにあわないようにと

お参りする人がいるそうです。

 

こんな話を聞くと、歯医者さんが無かった大昔の人達は

大変だったんだろうなぁ~と思います。

現代に生まれてホント良かった(^O^)

 

歯に関するお悩みがありましたら現代の「歯の神様」が揃っております

船橋デンタルクリニックへ是非お越し下さい☆

ごきげんよう♪

 

 

Pocket